大好きなお花のこと、何かを作ること、日々感じたことを綴ってゆきます。


by maplemaki
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

夏野菜

夫の両親が夏野菜をたくさん持ってきてくれました♪
全て家庭菜園から。無農薬で新鮮!
d0039584_148665.jpg

早速コーンと枝豆はゆでて、甘味を封印。
たっぷりのトマトやオクラやインゲンは、どんなお料理にしようかな。。
[PR]
# by maplemaki | 2011-07-18 14:12 | Other

Napoliの風景

このブログも、ほとんど旅ブログの様相を呈してきましたが・・・気を取り直して。

カプリ島から青の洞窟へのアタックに敗れ、若干がっかりーな感じでナポリに戻りました。
そのナポリ、こちらは異様に広いプレビシート広場でのヒトコマ。
d0039584_23471138.jpg

この街は、ざわざわとした町並みと雑踏。場所によってはちょっと怖い雰囲気。
d0039584_2348167.jpg

排気ガスのにおい、せまい路地。
d0039584_23473313.jpg

d0039584_23475195.jpg

d0039584_23472128.jpg

都、ローマとはまったく異なるけれど、なんとなく懐かしいような、親しみやすいような、そんな街でした。
d0039584_2347426.jpg


そうそう写真を撮り忘れましたが、本場のナポリピザもいただきました!
かなり塩気が効いていて、塩っ辛い江戸蕎麦と同じで、
労働者が多いの街だから?と思わずにはいられない、パンチのあるお味。
いやいや、シンプルなのにとってもおいしかったです。

つづく。
[PR]
# by maplemaki | 2011-06-22 00:06 | Travel

Capri島へ

ローマから日帰り旅行で、カプリ島へいきました。
目的はカプリ島から真っ青な海と洞窟が見られる「青の洞窟」へ行くこと!
まずはローマからナポリへの列車に乗り、その後にこのフェリーでカプリ島へ渡りました。
d0039584_23401533.jpg

それにしてもこの高速フェリー、ゆれるったら!気持ち悪くなる人続出で、船内は大変なことに・・・(汗)戦慄の1時間ののち、ようやくカプリ島に到着。
d0039584_23405569.jpg

ところが、高波のため、残念ながら青の洞窟まで行くフェリーが欠航に!!
ここまで来るの、大変だったのに・・・。残念。
d0039584_23403472.jpg

よって仕方なく、カプリ島を散策しました。
カプリ島は、世界中からセレブが訪れる南イタリアのリゾート地。
小さくてかわいらしい島でした。
d0039584_2341519.jpg

そしてレモンが名物。すごく大きな種類もあったり!
d0039584_2341415.jpg

かわいいにゃんこも住んでいて、
d0039584_23411486.jpg

なんだかやっぱりお天気がイマイチだったりもしましたが。
d0039584_23412256.jpg

お天気がよくなると、海はとてもきれいなマリンブルーに。青の洞窟、行きたかったなあ。
d0039584_23413171.jpg

とても素敵な島でした。このあとはナポリ観光の様子を。
[PR]
# by maplemaki | 2011-06-13 00:05 | Travel

"By all means, Rome" ?

さて、ここから先はRomeの様子をお届けします。
旅行中、お天気は晴れたり、雨が降ったり・・・。
ポポロ広場を訪れた日は、気持ちいいくらいの快晴でした。
d0039584_20125286.jpg

Romeで一番気に入ったのがこの広場。見た目そっくりな双子教会が建っています。
でも、よ~く見ると、ちょっと違う。建坪はかなり違っているそうですが、わざわざそっくりに仕立てたそうです。
d0039584_2015314.jpg

かわいらしい自転車にのっているちびっこが。映画の"Life is Beautiful”みたい。
d0039584_20154989.jpg

そして、かの有名なスペイン階段!早朝の風景です。
ローマの休日のアン王女のように、ここに座ってジェラートを食べたいと思いましたが・・・
d0039584_20162011.jpg

ジェラート屋が開いている時間は、ものすごい人、人、人。。
d0039584_20164654.jpg

階段のそばにある舟の噴水。有名な彫刻家のベルニーニ先生の作品です。
朝はこんな感じで素敵ですが、
d0039584_201742.jpg

昼はめちゃ混みです。(汗)
d0039584_201717100.jpg

そしてこちら、かの有名な、コロッセオ。
d0039584_20294334.jpg

ここで、どんなにたくさんの血が流れたのでしょう。人間も、動物も。
誰もが、その歴史に思いをはせずにはいられない場所だと思います。
こちらを訪れる前には、ぜひDVDで「グラディエーター」を見ましょう。
d0039584_2030667.jpg

こちらもベルニーニ先生の作品、ナヴォーナ広場にある四大河の泉。ものすごい水量!
トムハンクスの「天使と悪魔」にもこの場所が登場するシーンあり、ハラハラドキドキ、
とっても印象的だったわけであります。
d0039584_20435218.jpg

さてこの先は街角の風景。
d0039584_20172897.jpg

どこかの店先に、
d0039584_20492552.jpg

どこかの国からぶんどってきたであろうオベリスク。
d0039584_2049528.jpg

建物(チャーチかも)の壁面に白いバラの花を飾っている人たちを見ました。
何かのイベントみたい。
d0039584_20181085.jpg

Rome、パスタより絶対ピザがおいしいです。
毎日ピザとモッツァレラチーズと生ハム三昧でした。
d0039584_20501691.jpg

でもレストランでも街中でも、あまりいい思いをしなかったなあ。観光客だから?
「by all means, Rome (なんと言ってもローマです)」とアン王女は言ったけれど、
その感想は微妙ではないか思ってしまったローマ。

それはさておき、まだまだ続きます♪
[PR]
# by maplemaki | 2011-05-30 20:14 | Travel

Alberobelloへの道

さて、いよいよ三角屋根のおうち、トゥルッリとご対面です。
まるでおとぎの国に迷いこんだよう。別世界なのです。
d0039584_13202067.jpg

この日はトゥルッリのひとつに泊まりました。こちらはその向かいにあったレストラン。
d0039584_13184334.jpg

屋根の上の文様には、ひとつひとつ意味があるそうです。
d0039584_1424386.jpg

この建物、石を積み重ねて作ってあります。その理由は諸説あるようですが、
すぐに壊すことができる構造にして、税金対策をしていたという話が有名。
d0039584_14214842.jpg

意外と扉の色や素材は自由みたいです。
d0039584_14244465.jpg

世界遺産に指定された今も、ちゃんと人が住んでいるのです。
d0039584_1425445.jpg

編み物をしているおばあちゃん。この村で出会ったお年寄りも、みな親切でチャーミングでした。
d0039584_14251766.jpg

遠足中のちびっこたち。
d0039584_14255435.jpg

2時間くらいで周れてしまう小さな村ですが、ゆっくりできるところでした。
d0039584_142619100.jpg

そして、駅の周りにはお花畑が。
駅長さんに「Photographie?(写真撮ってるの?)」と声をかけられました。
d0039584_14272881.jpg

帰りの車窓から。この時期、イタリアはあちこちお花畑でした。
d0039584_14274494.jpg

Romeへ帰る飛行機にて。きれいな夕陽。
d0039584_14275513.jpg

次はローマの様子をお届けします。
[PR]
# by maplemaki | 2011-05-21 14:34 | Travel