大好きなお花のこと、何かを作ること、日々感じたことを綴ってゆきます。


by maplemaki
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:いけばな( 13 )

季節の花

主人の実家で手塩にかけて育てた菊を、
今年も両手に抱えるほどたくさんいただいたので、
ひさしぶりにいけばなをしてみました。

パリから持ち帰った器に、ぽってりした形の黄色の菊、一緒にもらった風船籐綿、
我が家のバルコニーで育てていた、つるうめもどきをあわせて。
d0039584_21505421.jpg

枝ぶりが美しかったこちらは、伊豆で買った器にそのままなげいれ。
自然の姿、そのままに。
d0039584_21511122.jpg


あまりにいろいろな品種をたくさんいただいたので、少しづつあちこちに飾った他にも、
ざっくり束ねてブーケにしました。モーブピンクでまとめて、贅沢!
d0039584_21555082.jpg

たくさんの菊、よい香りもして本当に贅沢です。
日持ちもするので、まだまだ楽しめそう。
[PR]
by maplemaki | 2011-11-23 22:05 | いけばな

New Year

新年あけましておめでとうございます!
また新しい一年がはじまりました♪
2009年、一枚めの写真はこちら。
d0039584_19495452.jpg

花は菊、柊、青文字。
ベルギーのガラス作家 Henry Deanの花器に挿花しました。
Henry Deanの花器は、微妙な色合い、ぽってりとした厚み、
手に包みこむと優しくなじむ質感が心地よくて、とても気に入っています。
やさしいベージュ色の菊、紅葉した柊によく似合ってくれました。

今年の年賀状は気合を入れて2種類用意し、
そのうち1種類はこのお花の柄に。
まあ、昨日出したばかりなので (・・・結局、その程度の気合。)、
まだ誰のお手元にも届いてないと思いますが・・・。(汗)
届いた方は、ちらりとご覧くださいね。


2008年は、仕事、プライベート、+Design、いけばな、etc・・・を通じて
沢山の方との素敵な出会いがあり、なにかとチャレンジする機会をいただいた年でした。
2009年はどんな方に出会い、どんなことが待っているのか、ちょっとどきどきしています。
去年よりもいい年になるように、飛躍とはいかないまでも、
自分らしくがんばっていきたいです。

いつもこのBlogをご覧くださっている方々にも、2009年が素敵な年となりますように。
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by maplemaki | 2009-01-01 20:38 | いけばな

御宿

待ちに待った夏休みに入りましたー♪
とりあえず前半は、涼しいから、と父の陶芸釜のある千葉県は外房の御宿へ。
御宿に趣味の陶芸アトリエ&釜を構えてからもう何年も経つのに、
今回はじめての滞在でした。

家の周りは竹林や水田、小川、小さな神社などがあり、自然がいっぱい!
今朝は、ハサミ片手にお散歩に行ったところ、かわいらしい白い花が咲く
センニンソウを見つけ、少し頂いて帰って、いくつか小さな投げ入れをいけました。
これはそのひとつで、水場の脇にいけた花。
d0039584_22534839.jpg

花材はヤブガラシ、センニンソウ、花留は石です。
花器はアトリエにあった茶碗で、深い藍色の釉を掛けたもの。
父の作品で、こんなにシンプルなものは極めて少なく、
大体がものすごい大げさな彫り物がしてあったりして、
花をいけるのにはほとんど使えない。(汗) そういう意味では貴重な茶碗でした。

こちらの器は市販のもの。流れに気をつけて。
d0039584_23134811.jpg


下の花器はやはり父の作品で、ごく淡い桃色から青へのグラデーションがかった花瓶。
こちらも貴重な、彫り物ナシの器。(汗)
どっさりとセンニンソウをいけ、その中に一筋、青い葉を落としました。
d0039584_23302274.jpg


御宿での生活は、緑に囲まれた田舎の古民家暮らし。
家の前は水田。(写真中央の屋根がウチ。)
d0039584_22435921.jpg

家の周りも水田。
d0039584_23345058.jpg

思わぬ所にかわいいベンチがあったりして、なごみ系。
d0039584_23353281.jpg


涼しい御宿では、秋色のお花もちらほら。コスモスや、
d0039584_23414133.jpg

紅葉したアジサイ。
d0039584_2342155.jpg


本当は裏山の竹で、花器なんかを作りたかったのだけれど、雨降りで断念しました。
都会の暑さにうんざりし、涼しいからと行ってみた御宿でしたが、
たまに行くにはなかなか良いところで、とても癒されました。

夏休み後半は、幸せの国タイに行ってきます♪
[PR]
by maplemaki | 2008-08-17 23:29 | いけばな

うねり

なにかで混乱しているとき、消化しきれない感情がわだかまって、大きなうねりになるように感じることがあります。たぶん、今、ちょっとそういう状態。

今週始めにいけばなの稽古に行ったのですが、1杯目に短い時間でいけた作品は、師匠に肩をポンポン叩かれて 「すごい!これはすごい!」と褒められるほどの、会心の出来(?)。ちなみに、選んだ花器は、持ち上げるのが大変なほど、ずしりと重厚で陰鬱な感じさえするもの。それに、白い珊瑚のような花材の塊と、赤い花だけの塊だけを、低く、強く、いけたものでした。(写真はナシ)

そして2杯目は、花も花器も使わず、枝だけを組み立ててゆく構成。ところが、これは全然、全く、本当に何にもできなかった。。。 師匠が助け舟をだしてくれても、イメージを膨らますことができなくて。 おまけに作ったものは自分で倒すし、踏みつけるし、散々。(当然写真はナシ)


以下、枝で悪戦苦闘している私と師匠とのやりとり。

師 「あなた今日、エネルギーあまり過ぎ!」
私 「・・・いや、ちょっとイヤなことがあって。」
師 「あら、そうね~、分かるわー!!」 「でも、それがいいのよ!!!」

・・・それがいいんだ。
たしかに、なんとなく、こういうネガな感情のうねりのあるときや、仕事のテンションがうまく抜けないままお稽古に行っちゃった時のほうが、何となく勢いのあるものをいけられるような。それがダメな方に暴走すると、↑の2杯目みたいになってしまうけど。^^;

写真は、家でいけたもの。月曜よりは、いつもの自分っぽいような。
d0039584_22195958.jpg

[PR]
by maplemaki | 2008-02-06 22:34 | いけばな

Wrap Up!

おかげさまで、2日間の花展が終了しました。
疲労でくたくたのため、簡単に全貌をご紹介。
d0039584_23483425.jpg

アクリルボックスを使った、4人チームでの作品です。
いつからか、ひょっこりひょうたん島風ヤシの木が登場・・・。
南国の島に、胡蝶蘭の蝶々がひらひら舞うような作品になりました。
d0039584_2349047.jpg


d0039584_23492083.jpg

準備の日には、ひょっこりひょうたん島の木を自立させ、
アクリルボックス全体を影から支える、要の花器が搬入されていないことが判明!(汗)
これがないとお話にならないので、タクシー飛ばして花器を取りに戻るはめに。
→アクシデントその①
その後、力をあわせて組み立てたボックスが、とある悲しい事情により倒壊(!)
限られた生けこみの時間がさらにタイトに・・・(汗)。
→アクシデントその②

今作品を見ると未熟な面ばかりが目につくようで、お恥ずかしい限りです。
それにしても変な会場だったのですが(笑)、師匠の集客力により、
流派を問わず沢山のいけばなの先生にも見に来ていただくことができました。
この作品も、とある先生には大変お褒めいただいたとのことで、ちょっと安心。


こちらは、ベテランチームの作品でした。
d0039584_23494029.jpg

ニューサイランを編んで作った連作です。すっごく素敵でした。

他にも沢山の作品が展示され、どれも心のこもった、渾身の作品達でした!
私自身は、初参加&初リーダーということで、いろいろと反省点があったものの、
同じチームの方達や今回参加した方達に色々と協力していただいて、
仲良くなることができたのが、一番の収穫でした。(笑)

雨の中、作品を見に来てくれた友人には、心からの感謝を♪
[PR]
by maplemaki | 2007-11-13 00:09 | いけばな
というわけで、さっき生けてきました。
いやー、大変でした(疲)。でもかなりの力作です!
全貌はまた明日以降ということで、とりあえずチラ見せで。
d0039584_1252060.jpg

ちなみに、これは隣のチームの作品。すごく素敵な仕上がりですよ~!
d0039584_1265394.jpg


ちょうど今、日本橋高島屋で草月展を開催しているのですが、
もしかしたら私達の方がいいかも!? 
と、おこがましい限りですが(笑)。しかし、わかりやすいです、たぶん。

開催は、明日、明後日。場所はこちら
みなさまのご来場をお待ちしています!!
[PR]
by maplemaki | 2007-11-10 01:35 | いけばな

英語で「いけばな」

10月も終盤、今月はいろんなところに行き、またいろんなことがありました。
葉山&鎌倉散歩、TDL、京都出張、そして長引く体調不良。
仕事もめちゃ忙しかったので、何となくだましだまし過ごしていたのだけれど、
今週になってついにダウン↓
昨日は人生初の筋肉注射を打たれ、オトナ30歳、涙がこぼれるかと思いました。

そんな中、10月の出来事ナンバーワンは、上司がアメリカ人の女性になったこと。
バリバリのキャリアウーマンで、人柄もとてもキュートで素敵な人です!
しかしっ、彼女の来日により、これまで100%日本語で遂行していた業務の
70-80%が英語化・・・。
日本語でしていたことを、英語でするだけで、作業は2割以上増えています。
日本語で話していたことを、英語で話すだけで、疲労は2倍以上に増えています。

見えないかもしれないけど、これでも相当あせってるんですよーーー(←心の叫び)。
えーい、給料上げろーーー(←どさくさまぎれ)

この夏、NYで語学学校なんかに行ってみたのも、実はこの対策も兼ねていたのですが、
あんまり役に立たなかったし。某駅前留学の学校は潰れちゃったし(行く気なかったけど)。
そんなわけで、英語勉強しようかな・・・と、本棚からひっぱり出してきたこの本。


英語で「いけばな」 (講談社バイリンガル・ブックス)
川瀬 敏郎 / / 講談社インターナショナル
ISBN : 4770025297








いけばなインターナショナルの理事をも勤められている、
いけばなの師匠オススメの1冊です。
左ページが日本語、右ページが英語、と、和英対訳方式で書かれています。
著者は、あの孤高の花人、川瀬敏郎氏。
いけばなのルーツからその成り立ち、歴史的背景、また後半にはいけばなの基本技術が、
とても分かりやすく書かれた良書です!
ちなみに、いけばなにはややありがちなコトですが、どこか特定の流派に偏ることもなく、
比較的ニュートラルな視点で書いてあると思います。
そして、ところどころに川瀬氏が手がけたなげいれの写真や作例が載っていて、
そのひとつひとつが、すごく素敵なのです。
いけばなを習っている人でも、意外とそのルーツまでは知らなかったり。
外国人にいけばなのことを説明したい人、英語でいけばなを教えたい人はモチロン、
花をあしらうことが好きな全ての日本人に、是非オススメしたいです。

私が通っているいけばな教室も、外国人の生徒さんが多いのですが、
来日したての上司も「Ikebana」を知っていて、
改めて国際的に通用する文化なんだーと実感。
ちなみにこの本、私はまだ日本語ページしか読んでいませんが、
英語も分かり易そうですよ。

って、結局英語の勉強になってないし。(笑)
[PR]
by maplemaki | 2007-10-26 21:25 | いけばな

いけばな展覧会

ひさしぶりに、いけばなの話題を。

この秋、初めていけばなの展示会に出展することになりました。
といっても、舞台は、港区主催のちいさなちいさなお祭りなのですが・・・。
私が師事する先生の門下生、15~20名程が参加する予定です。
ちょっと人数が多いので、3つほどのグループに分かれて、クラシックなものから、
大きな連作、モダンなアレンジまで、それぞれ異なるテーマで作品を制作します。
私はというと、いわゆる草月流らしいモダンなアレンジをいける予定です。

初めての花展だし、前日にふら~っと会場に行って、
自分の分だけ何とか生ければいいよね~、なんて思っていたのが大間違い。
グループの取りまとめ役を仰せつかってしまい、
思いもかげず結構な量の雑務が発生中・・・。聞いてないよーという心境です。(泣)

そんなこんなで、この週末は二子玉川で展示中の草月いけばなを見に行ってきました。
d0039584_22381496.jpg

↑この写真の作品、一部共通のテーマがあったので見に行ったのですが、
それなりに収穫ありました♪なんだかんだ言って、やっぱり見に行っておいてよかった♪

いけばなを展示するおまつりの日程は11月10~11日、場所は港区区民センターです。
当日は、いけばなながらも、モダンでシンプルかつ洗練された雰囲気の作品にするつもり。
ちょっと楽しみです。
[PR]
by maplemaki | 2007-09-17 23:01 | いけばな

面の構成、直線の構成


いけばな、お題は“面の構成”です。
d0039584_0394063.jpg

ハランで大きく面を作り、梅花空木を添えました。
お稽古では、先生の自作花器に挿し花したのですが、
似たような花器が家に無かったので、とりあえず、またこの壷にいけることに。


こちらは“直線の構成”。(携帯の写真なので荒いです。)
d0039584_20182149.jpg

花器からのインスピレーションで、ガマの葉、ナタネ、カーネーションを投げ入れ。
カーネーションが、もうちょっと違う色だったらなー・・・。(←選べない。)
[PR]
by maplemaki | 2007-06-03 00:41 | いけばな

初夏の花籠


梅花空木を籠にいけてみました。ナチュラルに、さわやかに。

d0039584_2343723.jpg


このあいだ再会したお友達から、さらにお友達の輪が広がって、
とってもうれしい今日この頃です。
[PR]
by maplemaki | 2007-05-13 22:57 | いけばな